横浜から始まる新しい未来

横浜2021シナリオ-01

みなさん、こんにちは。長島一由です。

私は逗子市長になるときも、逗子発日本再生プログラムを作成し、実際に市長になってからこのプログラムを行政計画に落とし込んで実際にかなり多くのことを実現しました。

もちろん、市長になってからは大学の教授や民間の経営者、コンサルタントなど、新たなネットワークもでき、新たな発想も浮かぶので、プログラムにはないこともたくさん実施しました。

しかし、市長は議員と違い、なったその日からひとつひとつの決断を迫られますし、民間と違い、行政の時間軸では想像以上に動き始めるまで時間がかかるため、あらかじめ、市長に就任する前から用意周到に準備しておかないと、時間を空費してしまう恐れがあります。

このようなことから、横浜市でも「2021シナリオ(案)」を提示し、多くの市民や有識者の方のご意見をいただきながら、さらに実現性や有益性を高めていきたいと考えております。

横浜2021シナリオ詳細

※横浜2021シナリオは1月11日現在の第一案です。多くの市民や有識者のご意見を頂きながら、さらに実現性や有益性を高めていきます。
※画像をクリックすると横浜2021シナリオの詳細をご覧いただけます。

表紙

プロフィール

なぜ、横浜市長か

「政治とカネ」 へのスタンス

市政の見える化、わかる化

税金のムダ全廃

共働き時代の子育て支援策

教育格差の是正

防災・減災に強いまちづくり

人生90年時代の福祉政策

横浜発ひとの働き方改革

市民の側に立つ環境保全

心を含めたバリアフリーの実現

子供の貧困の連鎖を断ち切る

財布のやりくりの基本スタンス

PAGETOP
Copyright © 長島一由公式サイト All Rights Reserved.